失業からの脱出法

失業したって落ち込んでいる場合じゃない

IT系事業での独立で欠かせないこと

IT関係の会社では、スキルや会社に求められた要件を満たせないと失業してしまうことも多いです。
Webデザイナーやエンジニアは人数も多いので、会社に属するよりも自分のスタイルに合った仕事を自分で選べる独立のほうが魅力があります。
しかし、独立して事業を行う個人事業では、すべてが自己責任になるので大きな依頼や取引になるほどリスクも大きくなります。
失業してから独立をすると張り切っている場合には、少し待ってしっかりと計画を練る必要があります。

まずは、会計や事務などの仕事をすべてこなせるかどうかが大切になります。
IT系の仕事であっても事業として成り立たせるには、経営のスキルも求められます。
また、営業や接客なども自分自身でやらなければいけないので、十分な勉強が必要です。

さらに、IT系の仕事は世間一般にはよくわからないと思われていることが多いので、自分に何ができるのかを明確にしておく必要があります。
Javaのプログラミングが出来ると言われても理解できる人は少なく、ホームページの作成や魅力的なWebコンテンツ、ソーシャルゲームの開発と言われれば分かる人も多いものです。
独立する時にはかなりIT用語に詳しくなっているものですが、できるだけ一般人にも伝わりやすいような分かりやすい説明ができるようなトーク力も意外と求められます。
独立して成功するには、人間力や仕事人としての総合力が求められるので、安易に事業をせず、十分に勉強をしてから始めることが大切です。

Leave a Reply