IT化が進んだ今、失業しても怖くない

以前は、どの企業も終身雇用が当たり前で、働き手もまた終身雇用でその会社に勤め続けるという働き方が一般的でした。しかし、自身のスキルアップで将来的な転職を前提に、近年では独立することを前提に就職するということが珍しくなくなりました。そのため、仮に失業しても、独立・転職をするための支援機関が増え、失業後の道も比較的明確に見えるようになりました。

近年の動向を見ると、なんらかのきっかけによる独立を選択する人が多くみられます。筆者の周りにもそういった選択をした人が多く、そのほとんどが結婚や、期間の定めのある契約社員の契約終了のタイミングといった人生の転換期をきっかけとしています。
いずれも以前の仕事をベースに開業することが多く、以前よりもいきいきと働き、収入も数倍に増えています。また、失業期間に始めたバイトや在宅ワークをきっかけに独立する人も増えてきました。

そういった人の多くは、失業がなければ今の自分はないと、失業を前向きに受け止めている人もいる程です。
今は独立する機会が増えており、よっぽどの思い入れのある会社でない限り、以前ほど失業を恐れながら会社勤めをする必要はなくなったと言えるでしょう。

今後の自分の道を見つけたら、後は思い切って独立への道を進みましょう。
現在、多くの企業が業務提携先を募集していることもあるため、比較的仕事を獲得しやすい状況といえます。それらの仕事を責任持って取り組み、全うすることで実積が生まれ、新たな取引先を増やしていくことも可能となるでしょう。
それでも、営業に自信がないといった悩みを持つ方にオススメのサイトはこちらです⇒【http://resolvethere-nowork.biz/

Leave a Reply